MENU

 高校生の頃は女子生徒が少ない学校に通っていて、絡むのはほとんどが男子生徒でした。
イケメンじゃありませんから女子生徒から人気があったわけでもなく、それでも彼女が欲しいなという気持ちは強く持っていました。
しかし、それでなくても女子が少ないという事もあって出会いを探すなんて夢のようなものだったのです。
校内のイケメンは少ない女子の中から可愛い子とラブラブになっているのを見て、やたらと強い嫉妬心を覚えてしまうぐらいでした。
自分も恋人が欲しいな、エッチな事も楽しんでみたいなという気持ちは常に持ち続けながらも、性処理は利き腕でやってきたんです。
大学に入ったらたくさんの女の子たちがいるんだから、自分にもチャンスは絶対にあると言う気持ちを持っていました。
無事に志望校の大学に合格して、これからバラ色の人生が待ち受けているに違いないという気持ちがありました。
キャンパスには山のように女の子たちがいるし、まるで花園に迷い込んでしまったような錯覚さえ覚えてしまったのです。
夢のキャンパス生活が始まって、ウキウキした日々を送ることになっていくのです。
サークルにも参加することができ、あとは恋人を作ってセックスを楽しむだけって感じになっていたのです。
しかし、予定と違ってなかなか彼女とか作ることができません。
それどころか女友達すらほとんどいない状態、これじゃ高校生の頃と変わりないじゃないかと言うような気分になってしまいました。
彼女欲しいしセックスもいっぱい楽しんでみたい、そんな気持ちは日々強まっていく一方となっていたのです。
バイト先の上司に風俗に連れて行ってもらったために、経験をすることは出来ていましたが、やはり素人のオマンコが欲しくてしかたがありませんでした。