MENU

 年齢的にも精液が次から次へと製造されてしまうから、かなり性的な部分のムラムラ感というものは強烈に湧き上がってしまっていました。
当然毎日のようにオナニーしなければ爆発してしまいそうなほど性欲が溜まりまくってしまってました。
大学に入学したばかりなんですが、たくさんの女の子たちがキャンパスにいるのになかなか彼女作る事できないんです。
イケメンじゃないから無理かもしれないけど、それでも恋人作ってセックスを楽しみたいって気持ちを持ち続けていました。
ムラムラした気分を引きずりながら毎日のようにシコシコとしていても、本当に満足することができません。
やっぱり女の子の肉体を使って激しくズボズボ挿れまくり、狂おうしいまでの快楽を味わってみたいという妄想ばかりが爆発している状態でした。
キャンパスでサブカル研究会というサークルに参加することになったのですが、そこにいた先輩からとっても美味しい話を聞かされていく事になったのです。
正直その先輩はブサメンなんだけど、セックスを楽しみまくっていると話てきたのです。
こんなブサメンな先輩がセックスできるわけない、どうせバイト代で風俗通いなんだろうと思っていたんです。
誰がどう見ても女の子からモテるタイプではないし、たくさんのセックスを経験できるような雰囲気を持った人ではなかったのです。
しかしその先輩の話を聞いていくと、素人の女の人のオマンコの穴でチンコを気持ちよくすることができていると言うのです。
いったい世の中どうなっちゃってるんだ?って感じでした。
その先輩の秘密とは出会い系アプリにあるようだったのです。
決してモテないタイプの先輩でも、出会い系アプリを利用していく事によってセックスの相手はみつける事が可能になってくるようでした。
あの先輩にセックス相手が見つけられるのだから、自分にも大いなるチャンスがあるんじゃないかって気がしちゃってしかたがありませんでした。
先輩の話に興味津々となった自分は出会い系アプリについて、詳しい話を聞いてみようと思ったのでした。

 

 キャンパスライフというのは高校生の頃からずっと憧れていたものです。
高校の頃はまったく女の子からモテなくて、寂しい日々を過ごしていました。
大学に入ったら絶対に彼女できるし、セックスも楽しめると思っていたけれど、それも実現できない状態でした。
だから先輩が使っていると言う出会い系アプリには強力なインパクトを覚えていく事になりました。

 

 

名前:元上 晋也
性別:男性
年齢:18歳
プロフィール:
 大学に入学したばかりでまだ恋人も作れる気配すらなく、チンコが不満足状態になっていました。
たくさんの女の子がいるキャンパスだけど、まだセックスする相手すら見つかっていません。
そんな頃に参加したサークルの先輩から美味しい話を聞かせてもらいました。
それはアプリを使ってセフレを作るという方法です。